お酒とたばこはやっぱり大敵

お酒とたばこはやっぱり大敵

いくら高くて人気の有名な化粧品を使っても、メイクのノリは体調によっていい日も悪い日も様々です。

 

湿度などの影響も少なからずあるとは思いますが、ファンデーションのノリをよくするためには
なんといっても一番の基礎、ベースとなる肌のコンディションが一番重要だと思います。

 

私が実践して驚いたことは、禁酒禁煙でものすごくファンデーションのノリが良くなったことです。

 

タバコとお酒が美容にあまりよくないことは、なんとなくわかってはいたのですが
ここまで影響があることを知っていたらもっともっと早くやめていたと思います。

 

お酒とたばこを吸っていた時は、肌がまるでビニールのようでファンデーションのノリも悪いし
すぐに落ちてしまって何度も塗りなおしていました。

 

肌も感想いていたので、粉を吹いているような、ファンデーションが浮いているような
感じでした。なので全然ナチュラルではなく「塗ってる感」が凄かったです。

 

お酒とたばこをやめて1年半経ちますが、2か月くらいたった時に肌がきれいになってきたことに
気づきました。毛穴が自然に締まってきてなんとなく肌の透明感も出てきました。

 

シミの予備軍のようなくすみも減りました。美容液の効果も実感できるようになったのと同時に
ファンデーションのノリも物凄くよくなりました。

 

 

睡眠不足の翌朝はファンデ―ションを含めて化粧のノリ全体が悪くなる

周期的に睡眠が浅い、寝つきが悪いといった事があり、翌朝未明の2時頃まで眠れず
翌朝7時前には起床となると、実質5時間は寝ていたとしても、肌には負担がかかっている事がわかります。

 

洗顔をしてスキンケアをしていてもイマイチ浸透せず、その上にメイクをしていくのですが
ファンデーションのノリがとても悪く、ムラになったり毛穴も普段よりとても目立ち
余計な油分がすぐ出てきて、化粧自体がノリが悪く浮いてくる始末です。

 

睡眠は美肌に影響するとよく聞きますが、痛感しており睡眠がいかに大切かは理解してはいますが
40代になって更年期症状も多少出始めているのか、月に1回、何日か続くのでその時だけは
朝のスキンケアを念入りにはしているつもりです。

 

ファンデーションのノリが悪いと、午前中には崩れてきて、全体的に浮いてくるので
小まめにティッシュでオフしながらフェイスパウダーをつける事にしていますが
ベースであるファンデーションがうまくのっていないので、あまり効果はありません。

 

また、お酒をいつもより多めに摂取した翌朝も同様な症状が出る事もあり
20代の頃と比べて40代の肌は老化している事も痛感しています。

 

その為、できる限りファンデーションのノリを含めて改善していきたいので
スキンケア商品も年齢化粧品へとシフトしました。

 

幾分かは効いている気がしていますが、これから更に年齢を重ねるとノリはもちろんですが
普段のすっぴんの時にも肌にトラブルが出てくるのでしっかりケアしていきたいと思っています。

 

 

乾燥崩れも皮脂崩れも才策するべきは保湿!

現在40代です。10代の頃でも感想肌気味でニキビに悩むことはありませんでした。
若い頃は肌がきれいな方で、部分的にしかファンデーションを塗らずに済んでいました。部分的にリキッドファンデを塗り、お粉を軽く。それで十分でした。

 

ただ、子育て真っ盛りの30代後半からだんだんと肌がくすんで来たのか、化粧が厚くなってきたようです。

 

ファンデとお粉でも無意識に量が増えたのか、法令線や目元によれた証拠のせせらぎが発生。はじめはつやっとしていても時間が経つとほおのあたりもカサカサしている。

 

厚く塗れば塗るほどノリが悪くなっていくようです。

 

ファンデーションのよれる原因は肌の脂分によりますがすが、乾燥肌でも肌を守ろうと皮脂を出し、これがファンデーションのよれる原因になるそうです。

 

皮脂の発生を抑えるには十分な保湿が必要とのこと。自分の自覚症状ともぴったり合っています。これがらは保湿ケアに力を入れたいです。

 

脂性の場合でも保湿は重要です。一見潤っているように見えるのですが、肌の内部が乾燥する「インナードライ」という状態になると、肌がより多くの皮脂を出してしまうので化粧崩れしやすくなるそうです。

 

だれにとっても化粧崩れを防ぐには保湿が大前提なのです。

 

関連ページ

ファンデのノリが悪い原因
ファンデのノリに関する悩みについてです。ファンデのノリが悪くて悩んでいるかたは参考にしてみてください。